令和元年度北支部交流旅行ご報告

【秋色の寒霞渓、二十四の瞳映画村、オリーブ園 瀬戸内海に浮かぶ小豆島観光】

期日:令和元年11月12日(火)~13日(水)
参加者:32名

北支部会員相互の親睦を深め日頃の業務を離れた環境で新たな友好関係の増進を図る為、香川県小豆島への旅行を企画実施しました。
初日の朝9時JR広島駅からサロンバスでスタートして、岡山港からフェリーにて小豆島に上陸しました。
小豆島唯一の紅葉名所である寒霞渓にバスにて到着し、沈み始めた夕日や穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めました。楽しみにしていた紅葉は、まだこれからの感がありました。
宿泊は、引き潮で現れるエンジェルロードが目の前に位置する小豆島国際ホテルを利用しました。夜の宴席では高級な海の幸に舌鼓を打ち、次々と出る料理に感嘆の声が聞こえていました。
二日目は、懐かしい映画「24の瞳」のロケ地を記念した映画村の見学、素麺工場やオリーブ園などを見学し、小豆島の豊富な特産物をお土産として皆さん袋一杯買い求めていました。
昼食後は、再びバスに乗り込みフェリーでの船旅の後、旅の思い出とともに笑顔で帰路に着きました。

(総務財務委員 川本 照男)